サンキョウプラテックからのお知らせ

Information

生活に身近なレジ袋。実は多用な違いがあり奥深いレジ袋を改めてご案内!

  • お知らせ

スーパーやコンビニ、商店で買い物した際に商品を入れるレジ袋。私たちの生活の中で最も接する機会の多い実用性の高いポリ袋です。

そのレジ袋には、サイズ・厚み・色など多様な種類があり、弊社レジ袋には25号~90号までの10サイズのラインナップがあります。

このサイズに厚み・色・違いがあり、その全てをまとめると、弊社レジ袋の全ラインナップは40種類になります!

今回は改めて弊社レジ袋の詳細をご案内させて頂きます。目から鱗の情報が見つかるかもしれません。是非、ご確認ください!

レジ袋の表記の違い

関西と関東ではレジ袋の表記方法が異なります。

関西では、実際のレジ袋の袋幅から号数がつけられています。

関東では、ポリ袋が流通する以前に使われていた、クラフトの角底袋サイズを基に号数がつけられました。

定着している呼称は異なりますが、詳しくは弊社レジ袋サイズ表をご確認ください。

 

弊社レジ袋のラインナップをご紹介

 

カラーラインナップは3色

一般的な、乳白色・半透明の他に、

袋の内容物が見えにくい紺色レジ袋があります!

ドラッグストアや本屋、レンタルショップなどでよくご使用頂いています!

 

サイズのラインナップは全10種類

 

買い物の際の持ち帰りに使うレジ袋。

ペットボトルが丁度入るサイズから、タイヤまで入る大型サイズまで!

ご利用の商品に合わせてお選びいただけます。

特に60・70・80・90号の超大型レジ袋は上記でも紹介させて頂いた通り

タイヤなんかも入る超大型タイプ!

他にも冬物衣類や布団なども入ります!

珍しい規格なので、大型レジ袋を求めて弊社にご依頼頂くお客様も多数おられます!

ノンブロックタイプ(長舌片)レジ袋も

 

吊り下げ式ではなく、レジ横などに置いて1枚取出しが便利なノンブロックタイプのレジ袋もあります。

ブロックがないので、取り外した際に細かいごみが出ないのも大きなメリットです。

商品説明動画で詳しく説明しています

YouTubeチャンネル【サンプラTV】で各商品の特長を動画で紹介しています!

ぜひ、ご確認ください!

多くの声に応えていきます!

いかがでしたか?

弊社レジ袋の特長はご確認いただけましたか?

改めて見てみると、身近なレジ袋も掘り下げてみると色々な発見があるかと思います!

ご要望やご不明点は是非、お気軽にお問い合わせください。

また弊社ではネットショップ【ポリスタジアム】にて、弊社商品を販売しております。

ケース単位から1冊単位でもご購入いただく事が可能です。

ぜひ1度ご購入を検討ください。

 

 

 

 

記事カテゴリー:お知らせ

関連記事一覧

公式通販サイトポリスタジアムのご紹介

創業当初は消費者の方々から「どこで販売されていますか?」という声が多く、それになんとか応じていこうと考えて、
ポリスタジアムというショップ名で、ネット事業を開始しました。ショップではケース単位の他、バラ(冊)でも販売を行っております。

メールマガジン登録

メルマガ登録していただくと、新商品追加などのお知らせが配信されます。

プライバシーポリシーをご確認の上申込ボタンを押してください。